1980年代の名作漫画(アニメ)『めぞん一刻』(高橋留美子氏原作)のまとめサイトです。

深読み!『めぞん一刻』

うる星やつらTVテーマソングベスト

うる星やつら TVテーマソング ベスト

高橋留美子原作『うる星やつら』のTV版アニメーションのテーマソングを集めたCDです。

『うる星やつら』の音楽を聴きたいと思ったら外せない名盤です。誰でも知っている「ラムのラブソング」をはじめ、あらためてこのアニメーションの音楽のレベルは高いだな、と再認識させられます。

「ラムのラブソング」

ジャケットのクオリティが高くて期待してしまいますが、中身を聴くとさらに素晴らしいです。昔のことを思い出しつつ聴くのもいいですし、若い人にも聴いてもらいたいですね。いまでもBGMなどとして充分使えるクオリティです。

他にも映画版の主題歌や、映画版第2作「ビューティフル・ドリーマー」のBGMなど名曲が沢山あるアニメですが、基本はやっぱりこのアルバムでしょうね。

音質もかなり改善されています。

このCDの聞き所

フルバージョン

TVでは大体歌詞の一番までしか使っていませんが、このアルバムではフルバージョンで聴けます。

女性シンガー中心

「星空のサイクリング」を除けば、全部女性シンガーです。『うる星やつら』のテーマソングでデビューした人も多く、当時のJ-POPの最先端にいますね。

また、『めぞん一刻』のテーマソングはほとんど男性シンガーなので、その2つだけでも、当時のポップス界を支えた人気歌手の作品が色々聴けて面白いです。

今でも誰でも知っている「ラム・ラブソング」を作曲し、『うる星やつら』の規定路線を決めた小林泉美、「パジャマ・じゃまだ」で安定した歌声の成清加奈子、うる星やつらでデビューして、その後J-POPを支えた立役者の一人であるシンディ、アニメ主題歌としては珍しくロックを取り入れたステファニー、最後は南翔子ですが、聴いてみるとこの人は凄い歌唱力で、もっと活躍して欲しかったと思いますね。

特に最後の6曲は、アニメの主題歌としてはチャレンジングな曲でレベルが高いです。逆にレベルが高すぎて、当時は英語じゃわからないとか、ロックは合わないとか色々言われていたような気がしますけど、いま聴くととても新鮮な曲ばかりです。

ノリの軽いラテン系ダンスミュージック

全体的にノリが軽くてラテン系の音楽が中心です。また歌詞もウェットなところがなく、気軽に楽しめる楽曲ばかりです。

歌詞もシンプルで、主に恋愛とか宇宙をテーマとしたものですが、さらっとしつつも案外挑発的な感じです。もちろん、中学生・高校生あたりがターゲットだったわけで、その範疇での話ですけど。

J-POPは結構ウェットで重い歌詞も多いので、気分よく聴けます。

主な曲目

「ラムのラブソング」(歌:松谷祐子、作曲:小林泉美)

『うる星やつら』といえばこの曲。説明の必要はないくらい有名な曲です。

小林泉美の代表作でもあります。ポピュラーとしてはユニークな形式で、かなり工夫された曲なんでしょうね。歌詞もとてもシンプルでユニークです。

女性がカラオケで歌ったりすると、案外女性のほうが楽しめるのかも。

松谷祐子さんが歌った正式バージョンは既に紹介したので、「どらえもんの歌」で有名な山野さと子さんのカバーを貼っておきます。

ラムのラブソング(山野さと子バージョン)

「宇宙は大ヘンだ」(歌:松谷祐子、作曲:小林泉美)

『うる星やつら』は主に友引高校を舞台にしたドタバタ・コメディですが、この曲を聴くと高校時代を思い出します。

「心細いな」(ヘレン佐野)

歌手のヘレン佐野はとても美声ですね。

アニメの中で、名シーンに使われていて印象深い曲です。以下の2つのシーンで使われていますね。

  • ラムちゃんが騙されてお見合いのため星に帰ってしまったとき、あたるがテンちゃんの宇宙船で追いかけるシーン
  • あたるが、ラムちゃんが居なくなったと勘違いして、街の中を探し回るシーン

エンディングテーマでも使われていましたので、このアルバムに入っています。

「心細いな」(ヘレン佐野) ライブ

「星空のサイクリング」(バージンVS)

このアルバムの中で1曲だけ、男性シンガーがメインのバージンVSが演奏しています。

ヴォーカルはあがた森魚、コーラスはリッツです。リッツはこのアルバムに収録されている「恋のメビウス」を歌っていますね。

ダンシング・スター(小林泉美)

ルパン三世のような前奏で始まる曲でノリの良い人気曲です。

このレベルの曲がポンポン出てくるって凄いですね。『うる星やつら』はアーティストのインスピレーションをよっぽど刺激したのだと思います。

パジャマ・じゃまだ(成清加奈子)

小林泉美の路線から少し変化して、当時の有名なアーティストが作曲、作詞を手がけるようになります。

この曲の作詞は康珍化です。当時のJ-POPでユニークな歌詞を作っていた人です。ハイレベルな歌詞が書ける人ではあるのですが、いつもひっかかる所があるんですよね〜。

この曲でいつも気になるのが、

ずっと待ってるから、じっと

なんとなく『うる星やつら』っぽくないなぁと、いつもひっかかります。犬よりも猫っぽいと思うので...

パジャマ・じゃまだ (TVバージョン)

Chance on love (シンディ)

『うる星やつら』のこの曲でデビューして、その後一番活躍したのはシンディ(シンディ山本)だと思います。

なぜシンディ・ローパーが活躍し始めた時代にシンディと名付けたのか分かりませんけど、シンディ・ローパーがブレークする直前だったのかも。今、ネットで調べようとしてもシンディ・ローパーばかり検索されてしまいます。アルバムを買って解説を読むしかないかも。

自身のアルバムはそれほど売れなかったかも知れませんが、実は作曲の才能がすごくある人ですね。楽曲提供でJ-POPを支えた人ですが、歌唱のほうも「エンジェル・ボイス」が素晴らしいです。

この曲は英語部分の歌詞が少し面白いと思います。

ベイビー、なんて言えば、私の気持ち 伝わるかしら
あなたのそばにいたいの
私を愛してみない?
さあ、恋のチャンスをつかまえて!

あれ?何かの大安売りでしょうか、笑。でも女性の方から「愛してみない?」っていうのは難しそうですね。

Chance on love (TVバージョン)

Open invitation (シンディ)

いつでも来てもらえるようにすることを、英語では「Open invitation」というみたいですね。

英語圏で合鍵を渡すかどうかは分かりませんけど。昔の日本は恋人に合鍵を渡して、という話はよくあった気がします。

シンディは日本人ですけれど、英文科卒業で英語が得意という話もありますね。英語部分は多いですが聞き取り易いというか、気のせいかまだ日本語英語っぽいところがある気がします。

Open invitation (TVバージョン)

ロック・ザ・プラネット(ステファニー)

当時アニメの主題歌でロックというのはかなり珍しかったと思います。チャレンジングな主題歌です。

ステファニー・レイコ・ボージェスは、アメリカ人(ハワイ)の父と日本人の母の間に生まれたハーフのアメリカ人です。育ちはハワイ。本格的な「ハードロック・ヘヴィメタル」の部類に属する歌手のようですね。

映画第3作の主題歌も歌っていて、そちらも名曲です。バラードも上手いですね。

「ロック・ザ・プラネット」英語バージョン

殿方ごめん遊ばせ(南翔子)

『うる星やつら』の最終クールを飾る主題歌です。

またチャレンジングな曲なのかなと思いましたが、案外普通のラテン系リズムを持った曲です。いい曲ですけどね。

歌手の南翔子はすごい歌唱力だと思います。正確な音程、芯のあるしっかりした歌声、安定したセンス良い装飾、どれをとっても大物クラスだと思います。

殿方ごめん遊ばせ TVバージョン

しばらく繰り返し聴いていると、一見挑発的な歌詞だけど品があって良いかも、と思うようになりした。

作詞家は阿木燿子でした。宇崎竜童と結婚してコンビを組み、山口百恵の全盛期のヒット曲を多く手がけています。そして2006年11月3日紫綬褒章受章ということです。凄いですね。

ちなみに『めぞん一刻』のエピソードで「メモリアル・クッキング」「怒りのウィドウ」では山口百恵の曲が出てきますが、いずれも作詞は阿木燿子です。おそらく高橋留美子先生も尊敬していたのでは?『めぞん一刻』の作詞を手がけなかったのは残念ですね。

Good Luck〜永遠より愛を込めて(南翔子)

エンディングテーマも同じメンバーによる曲です。こちらも堂々たる名曲で、南祥子の歌唱も、阿木耀子の歌詞も、曲も素晴らしいですね。

名曲ばかりのこのCDのトリとして相応しい名曲です。

うる星やつら TVテーマソング ベスト
「めぞん一刻」アニメ版
VOD:ビデオオンデマンド Amazonプライム(一話110円)

■更新日:2019/08/10

^