1980年代の名作漫画(アニメ)『めぞん一刻』(高橋留美子氏原作)のまとめサイトです。

深読み!『めぞん一刻』

八神いぶき

八神いぶきは五代が女子高校の教育実習に行った時に、クラスで学級委員長をしていた女子高生です。 『めぞん一刻』の転機を作ったキャラクターです。 ストレートで強気な性格の八神の登場によって『めぞん一刻』の止められた時間は、掻き回されて揺り動かされ、少しずつ前進していくことになります。 特に八神は、響子の五代に対する気持ちを執拗に聞きだすことで、響子自身の気持ちにゆさぶりをかけ、響子が五代に対する気持ちを正面から考え始めるきっかけを作りました。 もちろん八神自身もとても魅力的で人気の高いキャラです。

高校時代の響子自身の幻影?

八神いぶきの初登場は第87話「VS.乙女」です。ちょうど『めぞん一刻』の真ん中あたりですね。

五代が音無響子の母校である女子高校に教育実習に行った時に、クラスの委員長をしていて五代に恋をしてしまいます。 その時の様子はまるで、亡き惣一郎が講師に来た時の響子と一緒でした。

つまり若い頃の響子のデジャヴ(既視感:以前、どこかで観たことがあるような錯覚)なんです。

八神いぶき

ググってみたら、八神純子(歌手)の1980年リリースのアルバムに「デジャヴ」っていう曲があるんですね。なので、ちょっと意味が微妙かも知れませんけどデジャヴと書いてしまおうと思います。

しかし八神は、高校時代の響子とは違いました。昔の響子よりも積極的、というより過激でした。第89話「体育祭の指導と管理」では、体育用具室で下着とブルマで五代にアタックしますが、その様子をちょうど学校に来ていた響子に見られてしまいます。

八神いぶき

最初は高校生だからと余裕だった響子ですが、あまりのパワフルさにだんだん本気になっていき、対等なライバルになってしまいます。

響子からすれば、昔の自分がライバルになったようなブーメラン的な感覚ですかね。しかも昔の自分よりも強敵になって現れたと。

はきだめと鶴【電子限定特典付き】 (バンブーコミックス Qpaコレクション) Kindle版(¥704円)

映画館でバイトとして働く、元AV男優の澄川螢、35歳、フリーター。 澄んだ川に蛍だなんてうすら寒い冗談の様な名前に、“綺麗”なんて言葉とは相容れない至極どうしようもなく堕ちた人生。

八神が五代を好きになった瞬間

五代に対しては、最初はあまり良い印象ではなかったのですが、五代が図書室で亡き惣一郎の写ったアルバムを探している時に、「死んだ恋人を探しているんだ」と勘違いして、その瞬間五代を好きになってしまいます。

八神いぶき

『めぞん一刻』で、女性キャラが男性を好きになる瞬間を描いたのは、ここが初めてかも知れません。それにしても五代と八神の引き合わせに亡き惣一郎が絡んでるって、面白い話です。もっともロマンチストすぎるところがあって、本気で好きになったのかどうかは八神本人も分かっていません。

八神いぶき

八神はロマンチスト

八神は頭が良くてストレートなのですが、なぜかロマンチストな一面も持ち合わせています。文学少女がロマンチストになるような感じでしょうか。一番最後ですけど、後日談では完全に自分に酔ってますね、笑。

八神がきっかけを作ったから、みんなそれぞれの道を歩み始めたのに、八神本人はまだ「止められた時間」の中にいるみたいです。まあ、響子の幻影だと思えば、似ている所があるんでしょうね。

八神いぶき
女子大生になった八神 (第161話「P.S.一刻館」)

八神は一刻館では「未亡人の娘」役

八神は一刻館へよく来ることも特徴ですね。やっぱり二人を結びつけた亡き惣一郎の導きがあったんでしょうか。

夏目漱石の「こころ」でいえば、下宿屋の未亡人が響子。そこに「娘」といえる八神が登場したんですね。「こころ」のヒロインは未亡人ではなく、未亡人の娘。つまり、八神いぶきって主役の響子のお株を奪うヒロイン級のキャラなんですね。

八神は一刻館に何度も押しかけてきて、五代の部屋に泊まろうとしたり、結局管理人室に泊まって響子に五代への気持ちを執拗に聞き出そうとしたりします。

八神と響子

八神の友達、女子高生4人組

八神を含めた女子高生4人組は仲が良くて常に一緒に行動しています。もちろん高校でもそうですが、一刻館へ来たときも4人一緒に来ています。

八神と友達たち

八神はヒロイン級の強力なキャラ

頭がいいので、高校生なのに突然(高橋留美子先生らしい)知的なセリフを言い放ったりする時もあったりして、とても面白いキャラです。

八神いぶき

響子と五代の気持ちを悟った八神は、ライバルでありつつも響子を応援してみたりと不思議な行動を取るようになっていきます。

八神いぶき

それにしても特にTV版アニメの八神って、すごく絵になります(もともと絵ですけど...)。高校生の時の響子よりも美女なんじゃないでしょうか。ヒロインの音無響子よりも美女が登場するなんて、すごい強力なライバルですね。

高橋留美子先生の作品では「らんま1/2」以降はヒロインよりも美女が沢山登場するようになりますが、八神は最初のキャラかも知れませんね。

八神いぶき
「めぞん一刻」アニメ版
VOD:ビデオオンデマンド Amazonプライム(一話110円)

■更新日:2020/01/22

^