1980年代の名作漫画(アニメ)『めぞん一刻』(高橋留美子氏原作)のまとめサイトです。

深読み!『めぞん一刻』

三鷹瞬

三鷹瞬は、音無響子を巡る五代のライバルです。

三鷹は、ママさんテニス教室のコーチです。そこに音無響子が入会してきます。響子は未亡人だから、ママさんテニス教室にも入会できるんですね。響子は高校時代にテニスをやっていて、かなりの腕前でした。

三鷹はイケメンで笑うと歯が光るという、いかにもイヤミなキャラとして登場します。でも、ナンパな外見と違って中身は案外誠実でした。

音無響子に三鷹は一目惚れします。そして、五代のライバルになってしまいます。五代からすれば、負けて当然の相手です。でもそのころまだ響子は亡き惣一郎に操を立てていて、答えを出さないので、この現世の三角関係はずっと続くことになります。これは『めぞん一刻』の時間を止めてしまう上で重要な三角関係なんですね。

三鷹 瞬(みたか しゅん)

キャラクター

三の字は、原作では誰も入居しなかった開かずの3号室です。「3」という数字自体にも意味があったんですね。これはちょっと感心しました。五代の時と同じく、「野田秀樹と高橋留美子」という本に詳しく論じられています。

昔、三高(「高学歴」「高収入」「高身長」)という言葉がありましたけど、それは余裕で上回っています。三高って、みたかとも読めますけど、やっぱり三高のほうが時代が後かな?

資産家の息子で、テニスもプロのプレイヤー並みだし、運動神経も良く、女子大生から人妻に至るまでモテまくっているという...

第10話「金網は越えられない!!」でいかにも、完璧な恋のライバルのステレオタイプとして初登場します。

だんだんと「いい人キャラ」に変貌

テニス教室に来た響子を一目惚れして、三鷹はすぐにアプローチをかけます。お付き合い、じゃなくていきなりプロポーズしてしまい、それから何年も響子の返事を待つことになります。

その間、響子は何度も三鷹とデートするのですが、響子はまんざらではないものの、返事をはぐらかしたまま何年も過ぎていきます。それでも他の女性には目もくれず(ってことも無いか...)、ずっと本命の響子の返事を待ち続けるという、意外と「いい人」キャラなんです

たまに五代をフォローしたりする所などを見ると、年上だからか金持ちだからか、すごい余裕を感じます。恋愛上手なはずなのに、響子の内面にもさほど深入りはして来ません。三鷹の場合、基本的に女性のほうから言い寄ってくるわけだから、五代みたいにがんばる必要がなかったのかも知れませんね。

「犬恐怖症」の三鷹:『めぞん一刻』では致命傷

犬が苦手というより極端な「犬恐怖症」であることが、五代と勝った負けたと全く無関係に、三鷹の命運を左右します。三鷹は理想的な男性像なので、普通に選んだら三鷹になるはず。

響子がプロポースの返事をしにいく場面がありますが、それだって犬によって邪魔するしかありません。そして終盤には「犬恐怖症」を克服するという凄い意志の強さです。それでも犬と縁が切れることはありませんでした。

ちなみに響子は三鷹に惣一郎(犬)が懐いていると、最後の最後まで勘違いしています。

三鷹の「犬恐怖症」はここまでくると、もう祟られているような感じすらします。少し深読みすると、犬つながりで惣一郎という見えない存在があることは明らか。

ところで犬って、犬夜叉を連想してしまいますが、ルーミックワールドでは少し犬は特別なのかも知れませんね。

五代は一刻館の住人で、家庭教師で音無家に訪れるなど、惣一郎と直面せざるを得ない立場にいたけれど、三鷹はそうではありませんでした。3号室はずっと空いていたのに、そこに足を踏み入れたこともありません。

三鷹は3号室には入ったことがありませんが、一刻館自体には何度か入ったことがあり、第19話「ケガの功名争い」では管理人室で響子の食事を作ったりしていますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】E26 大吟醸 めぞん一刻 白無垢
価格:19000円(税込、送料無料) (2020/7/19時点)


犬に襲われると何故か女性に抱きつく

話はずれますけど、三鷹って、犬に襲われると必ず女性に抱きつくんですよね、笑。第32話「怒りのウィドウ」では、犬の美容室で女性店員に抱きついているし、九条明日菜に抱きついています。で、第107話「閉じられた扉」では響子に抱きついたと。第32話から前ふりがあるなんて、用意周到だなと思います。それにしても毎回抱きつける女性がいていいですね。

犬の美容室にて
犬の美容室で店員に抱きつく三鷹(第32話「怒りのウィドウ」)
「めぞん一刻」アニメ版
VOD:ビデオオンデマンド Amazonプライム(一話110円)

■更新日:2020/01/18

^