1980年代の名作漫画(アニメ)『めぞん一刻』(高橋留美子氏原作)のまとめサイトです。

深読み!『めぞん一刻』

第5話「春遠からじ」

管理人さん「がんばってくださいね!」

『めぞん一刻』で大学受験といえば、管理人さんのポーズ付きの「がんばってくださいね!」です。またこのエピソードでは音無響子がビールで泥酔するシーンが初登場です。最後は、受験会場まで付き添って「ダメな弟を持った気分」というセリフがありますね。

ブルーレイ:一枚目
TVシリーズ第04話「響子さんハラハラ?! 五代君は受験です」

ストーリー(あらすじ)

「がんばってくださいね!」

五代の私立大学受験が始まりました。音無響子のトレードマークの一つ「がんばってくださいね!」ですが、原作でもTV版アニメでも実はあんまり出てこないんですね。

TV版アニメのほうでは良いシーンがありますが、原作には本当にないみたいです。

原作で、それっぽいのは回想シーンで少し出てくるだけですね。

五代の受験放棄

五代はまたもやらかしてしまいます。本命の大学受験を途中で放棄して帰ってしまったのです。そして昼飯を食べていると響子と一の瀬さんが入ってきます。

泥酔するヒロイン

漫画のヒロインで泥酔する人ってそれまで居たんでしょうか?

音無響子は20代だからアルコールを飲んでも当然ですけどビールがかなり好きみたいです。しかも、なんだかんだ言いながら、最後は完全に酔っぱらうまで飲んでしまいます。この日もお昼から一の瀬さんとビールを飲んでいますが、足元も覚つかなくなるくらい飲んでしまうという...

泥酔すると、タガが外れて思ったことをストレートに言ってしまうキャラに変貌します。なので酔うと逆に本音が出て可愛いキャラになるという、女性目線でしか描けないキャラですね。

でも次の日には全く覚えていないという...

音無響子って一体いくつのキャラを持っているんでしょうか?

響子「次の試験にはついていきますからねっ。あなたが逃げ出さないように見張っていますっ。

TV版アニメでは、酔っぱらった音無響子を、声優の島本須美が見事に演じきっています。凄いダミ声なんですが素が出ている感じをよく表現しています。

多重人格と言ってもいい音無響子はすごく難しそうですが、一流の声優には出来てしまうんですね。

響子が五代の受験についていくことに...

響子は酔っていたので全く覚えていませんが、一の瀬さんが聞いていたということで、受験についていくことになります。

響子(心の声)「まったく...ダメな弟を持った気分よ。」
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

App Store & iTunes ギフトカード
(送料無料) (2020/7/24時点)


このころ音無響子は五代をどう思っていたのか

このエピソードは響子が五代に気があるように振る舞っています。響子本人は否定していますけれど。

最後のほうに響子が「いつから五代を好きだったか」という謎かけがあるのですが、この回はそのヒントの一つになっていますね。「ダメな弟を持った気分」といっているので、そのまま受け取れば恋愛感情は無さそうです。

でも、なんだかんだ言っても、ここまで心配して応援するというのは、本人が認識していないだけで段々距離が縮まっている感じはしますね。といってもまだTVシリーズで第4話なので、くっつきそうで、くっつかない状況が延々と続くんですけどね。

「めぞん一刻」アニメ版
VOD:ビデオオンデマンド Amazonプライム(一話110円)

■更新日:2019/08/17

^