1980年代の名作漫画(アニメ)『めぞん一刻』(高橋留美子氏原作)のまとめサイトです。

深読み!『めぞん一刻』

第30話「混合ダブルス」、第31話「三年待って」

ブルーレイ:5枚目
TVシリーズ第25話「激闘!五代VS三鷹プロポーズ大作戦!!」
主な登場人物:響子,五代,三鷹,七尾こずえ,一の瀬夫人,坂本

テニスコートにて

響子は久々にテニスクラブに出席しました。

心配になった五代は金網の外で様子を伺っていました。
ママさん達や一の瀬さんが響子の話をしていると、三鷹コーチが会話に入ってきます。

ママさん達は五代が金網越しに話をしているのを見て、「みっともないよ、若いもんが」「ずばり不健康」「あなたもテニスくらいすればいいのに」と散々言われた挙句、金網の中に入ってきます。

三鷹と一の瀬さんvs響子と五代という組み合わせで、混合ダブルスをすることになります。

ところが、試合中に一の瀬さんから「響子の両親が再婚させたがっている」という話を聞いた三鷹は、いきなり試合中に遠回しながらプロポーズ。

再婚の話が出たからって、その場でいきなりプロポーズするのは三鷹もいい加減だなぁと思いますけど...

響子のほうも鈍感というべきか、それが本当にプロポーズなのかも含めて迷っている様子。

テニスクラブの食堂にて

いきなりプロポーズ(?)されて、困っている様子の響子。

TV版アニメでは、別のテーブルで一人で困惑していますが、原作では響子・五代・三鷹・一の瀬さんの4人が同じテーブルを囲んでします。

他の人たちと同じように「これを契機に再婚を考えるべきだ」という三鷹ですが、五代は響子をかばいます。

惣一郎の件で響子をかばうのは、五代も今回が初めてだし、全登場人物で見てもここが初めてなんじゃないかと思います。惣一郎が亡くなって何年もたって、初めて理解してくれる人が出てきたってことなので、これは響子も内心、相当感激したでしょうね。

五代の話も効いたのか、響子は結局「ペアを組んでプロのテニスプレイヤーなんて...とてもなれませんわ」とプロポーズ(?)をはぐらかします。
というか、プロポーズだったとしても、さすがに不合格ですよね。

気晴らしで三鷹と海へ

めげない三鷹は、気晴らしにと響子を誘って車で海に行きます。(響子の認識ではまだデートではないようです。)

海で仔犬と戯れる響子。なかなかいいシーンですね。

そこで、今度ははっきり分かるようにプロポーズします。

響子自身も行けばまたプロポーズされると分かっていたと思いますが、惣一郎の話もあったし、今度は迷うこともなく返事を曖昧にします。でも、五代が響子の気持ちを理解してくれたのに、この段階では三鷹のプロポーズを断るふんぎりは付けられないんですね。

それに対して、あっさり三鷹は「2年でも3年でも待ちます」と答えます。三鷹の場合、2、3年も待っていれば、響子よりも魅力的な女性が現れても不思議ではないですが、こんなに簡単に約束してしまっていいんですかね。

一方、五代は...

お金が無くなって困っているところに、こずえちゃんが現れます。

響子が三鷹がデート(?)している時は必ずこずえちゃんが現れるパターンですね。

そして七尾家で夕食をご馳走になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Ghost of Tsushima
価格:6451円(税込、送料無料) (2020/7/19時点)


今回は原作のほうが良いみたい

TV版アニメでは、大事な場面が無くなっていたり、海のシーンも原作のほうが何故か良い雰囲気が出ているという、アニメーション化の利点があまり感じられないエピソードですね。ここ数回で段々絵柄が変わっているようです。スタッフも大分変わった時期のようです。

「めぞん一刻」アニメ版
VOD:ビデオオンデマンド Amazonプライム(一話110円)

■更新日:2019/09/08

^