1980年代の名作漫画(アニメ)『めぞん一刻』(高橋留美子氏原作)のまとめサイトです。

深読み!『めぞん一刻』

第12話「行きがけの駄犬」第13話「ソルティー・ドッグ」

夏休みなのにどこにも連れて行ってもらえない賢太郎君のために、五代は海へ連れて行くことにします。響子も一緒に行くことに。 しかし三鷹、郁子ちゃんも一緒に行くことになり、さらに三鷹の車には惣一郎(犬)まで乗り込んでいて、壮絶な命がけの海水浴になってしまいます。 また最後の響子の暴走運転シーンはかなりの見どころですね。

ブルーレイ:2枚目
TVシリーズ第10話「渚のラブパニック!ライバルは犬嫌い!!」
主な登場人物:音無響子,五代裕作,三鷹,賢太郎,郁子,一の瀬夫人

ストーリー(あらすじ)

健太郎くんの夏休み

賢太郎君の夏休みは、毎日酒ばかり飲んでいる一の瀬夫人と、たまの休みの時にはぐったりしている父のおかげで、出掛けることもありせん。

そこで五代は海につれていくことにしました。

賢太郎君が管理人さんを誘うとちょっと迷ったけれどOKの答え。郁子ちゃんと、何故か三鷹まで一緒にいくことに。三鷹の車で海水浴場を目指します。

さらに惣一郎(犬)も乗り込んでいました。
そんなわけで響子に絡む「恋愛関係者」が全員同乗している状態で海を目指します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】E05 うる星やつら ラムちゃんの金箔入り吟醸酒
価格:15000円(税込、送料無料) (2020/7/19時点)
五代の故郷、新潟といえば日本酒


三鷹の意外な弱点

三鷹は惣一郎(犬)を見るなり調子が悪くなり路肩で一休み。

そこで五代に犬が苦手なことを告白します

でも他に運転できる人もいないので無理して海まで運転します。運転している三鷹に抱きつこうとする惣一郎。命がけのドライブでなんとか海水浴場に辿り着きます。

海水浴

海水浴場でのドタバタは面白いところもありますけど、ちょっと飛ばします。

響子(心の声)「私が未亡人だから、こましやすいと思っているのかしら!!」

未亡人がどうのこうととか、響子のキャラクターの外堀を埋めていっている感じもありますね。

音無響子(管理人さん)の運転シーン

惣一郎(犬)は三鷹になついてしまい(?)ことあるごとに抱きつこうとします。
三鷹は夕方帰る時間になっても、また調子が悪くなってしまいます。

実は響子は免許を持っていました。でも2年間運転したことがないペーパードライバー。

三鷹「じゃ、僕助手席でナビゲーターやります。」
響子「助手席って一番死亡率が高いんですよね...」

全員乗り込むと、

響子「全員シートベルトを着用してください!」

(昔は後部座席はシートベルトしなくても良かった)

響子「行きます!!」(ガンダムのパロディ?)
響子「はっ走ったぁ!!」
三鷹「音無さん、もう少しスピードさげて!」
響子「黙って!!気が散ります!!」(もう誰のいうことも受け付けず)

凄い運転で沢山の車を追い越しつつも無事一刻館に到着。

ここも「めぞん一刻」の名シーンのひとつですね。

響子の「暴走癖」

このエピソードは全体の流れの中では、三鷹の犬恐怖症(犬が嫌いってレベルじゃない)が判明するということで大事なんだと思いますが、最後の管理人さんの暴走っぷりがインパクトありすぎて、そっちのほうが断然面白いです

面白い意外性がまた出てきたというべきか、いっぱいいっぱいになると全然人の話を聞けなくなる性格が良く出ているというか、A型の飛ばし屋っぷりが良く出ているというべきか。

面白いので何でもいいですけど。

これって今だと苦情がいっぱい来そうですね。当時だって沢山苦情が来たんじゃないでしょうか?TV放映ころは中島悟が活躍してF1も流行り、飛ばし屋が多くなった時期ですね。いまでは罰則が厳しくなってすっかりみんな安全運転ですけど。

TV版アニメのほうが、動きがあるのでさらに楽しめます。声優も名演技です。

でも、ここまでインパクトあるシーンとして描いているので『めぞん一刻』の場合、ただ面白いだけじゃ済まないですよね。物語の中盤以降で、響子の暴走癖が結構あからさまにでてきますけど、その前フリでもあって、響子のキャラを少しずつ作り込んでいるんですね。

ソルティー・ドッグ

ソルティ・ドッグは、実はイギリスで生まれたカクテルの名前です。「甲板員」という意味もあるんですね。

1940年代にイギリスで生まれたカクテル。「ソルティ・ドッグ」とは「甲板員」を意味するイギリスのスラングで、甲板員が甲板の上で汗だらけ塩だらけになって働く様子から来ている。元々はウォッカではなくジンベースで、ライム・ジュースを入れる「ソルティ・ドッグ・コリンズ」というカクテルだった。本格的に流行したのは1960年代のアメリカからである。(Wikipedia)

それと海で泳いできて、響子と三鷹のボートに乗り込む惣一郎(犬)をかけています。原作のタイトルって面白いですね。

もちろんここでは犬の惣一郎は、惣一郎(旦那)の身代わりとして三鷹を追い払おうとしています。犬の惣一郎と五代は仲が良いですが、亡き惣一郎(旦那)は五代にも心を許してないですけど、三鷹に対してはストレートに敵意むき出しって感じで凄いです。

「めぞん一刻」アニメ版
VOD:ビデオオンデマンド Amazonプライム(一話110円)

■更新日:2019/10/21

^