1980年代の名作漫画(アニメ)『めぞん一刻』(高橋留美子氏原作)のまとめサイトです。

深読み!『めぞん一刻』

『うる星やつら』ラムのベスト・セレクション2

「うる星やつら」 ラムのベスト・セレクション2

『うる星やつら』のベストセレクション2のほうは、映画やOVAのテーマソングが収録されています。

内容はかなりの名曲と、そうでもない曲が入っていて、曲による差が大きいですね。アイドル系の曲が多くて上手い人もいますが、そうでも無い人もいます、笑。いろんな曲が入っていて面白いアルバムです。

映画主題歌

I,I, YOU&愛 (小林泉美)

映画第1作の「オンリー・ユー」主題歌です。監督が押井守で、宇宙を主題にしたスケールの大きい映画でしたね。

歌、作曲は「ラムのラブソング」を作曲した小林泉美、作詞は安藤芳彦なので男性ですね。

アニメーションの前半のイメージが良く出ている、ラテン系のいかにも「うる星やつら」って感じの曲ですね。歌詞は、ちょっと挑発的な感じです。

オンリーユー
映画第1作『オンリー・ユー』より

愛はブーメラン (松谷佑子)

映画2作目の「ビューティフル・ドリーマー」の主題歌です。この映画のストーリーは押井学氏が作ったもので、本編ではありえないようなシーンの連続でした。1980年代のアニメ映画を代表する傑作といわれていますね。『うる星やつら』はコメディなので難しい所が表に出すぎず、後の押井守氏の作品に比べて見ていて楽しいです。

この映画のBGMは名曲が多いです。「やすらぎ」や「不安」などの曲です。CD等で入手するのは難しそうですね。

ビューティフル・ドリーマー
友引町が亀に乗って...
ビューティフル・ドリーマー
ラムが蛇口をひねると、つながっていない水道から水が...

映画の終わりで出てくる、なかなか印象的な曲です。

ビューティフル・ドリーマー
最後に「愛はブーメラン」が流れます

単独で聴いてもいい曲です。尖った感じでかっこいいですし、歌詞もシンプルでなかなかです。松谷佑子も少し大人っぽいというか、ちょっとトゲのある歌い方でこの曲の良さがよく出ています。「ラムのラブソング」とは別人みたいに声色を使い分けています。

今、あの娘の細い腰、手を回した
悲しいわ、これっきりね
今、思い出永遠に消しましょうか

「記憶を消す」って、映画の完結編(高橋留美子自身が書いた原作を元にしている)ですね。偶然かも知れないけれど、いろんな所からネタをとっているように感じます。

「ビューティフル・ドリーマー」自体は、押井守が抜け駆け気味にシナリオを作ってしまい、高橋留美子と仲たがいしてしまった訳ですが、それでも影響は受け合ってたのかなと思いますね。

やっぱりラムちゃんが国民的ヒロインとなったのも、押井守やアニメーターの人たちの力は大きいですね。緑色の髪の毛(原作では七色?)、空を飛ぶ時の音、メガネ、友引高校の時計台付き校舎、などなど。

ボーン・トゥ・ビー・フリー

スティファニーは、アニメーションのテーマも歌っていますが、もっと名曲なのが映画第3作の2曲です。

オープニング・テーマのほうは、ロックですね。英語なので何言っているのか分かりませんけど、なかなか良い曲です。ハスキー・ボイスというか、最後のハイノートが若干つらそうですけども。

リメンバー・マイ・ラヴ

『うる星やつら』の曲の中でも特に気に入っている曲です。このCDを買おうと思ったきっかけはこの曲が聞きたかったからです。

それにしても透明感のあるバラードですね。ステファニーはロックが多いですけど、バラードのほうが上手いんじゃないかと思いました。感情を込めて歌い上げているところが、とても良いです。

映画版第3作より (リメンバー・マイ・ラヴ)

歌詞は全部英語ですけど、バラードでテンポが遅いからか、まあまあ聞き取れます。曲が良いときは、歌詞を翻訳して逆にがっかりすることもあるので、聴こえた分以上は追わないことにしてます。

Thank you for good times. For your love...

映画第4作「ラム・ザ・フォーエバー」のほうに合いそうな歌詞ですね。ラムが行方不明になったあとの、魔力が消えた友引高校を思い出してしまいます。

メランコリーの軌跡

映画第4作「ラム・ザ・フォーエバー」の主題歌です。何度かこのCDを聴いていたら、この曲って名曲だなぁと思えてきました。

歌手のレベルは高いし、歌詞も子供っぽくないし、曲もいいし。作曲は玉置浩二なのかぁ、なるほど。歌手の松永夏代子でググってみたら、見た目はアイドルっぽい。でも歌唱力が結構あるような気がするんだけど?

Amazonで見たら、「微少女宇宙」というアルバムのレビューに良いことが書いてあったので、なるほどと思いました。さてそのアルバム買うか、と思ったら廃盤とはいえ、24800円って、、え、これはちょっと無理かな...

これって本当に「うる星やつら」の曲でいいの?普通にシティポップの名曲として通用しそうだし。

メランコリーの軌跡 (松永夏代子)
ヘッドライトを眺め、かなわぬ恋とあきらめて、
これ以上はだけない、あなたもつらい
青く光る街に、二人でなら身を投げても...

なんだかレベル高い歌詞だ。美辞麗句を使った嫌味もないし。しかし、映画と関係あるんだろうか?まあいいけど。

ということで、誠に勝手ですが、このアルバムの名曲第一位に認定します!

OVAの主題歌

Sweet Dream

OVAの第一曲目です。それにしてもなんなのだ?この前の2曲のレベルが高すぎたのかなぁ?それに前半はどっかで聴いたことあるような...

『うる星やつら』って挑発的な歌詞が多いですが、制作で何か強い要望でもあったのかなぁ?歌手の成瀬加奈子は「ぱじゃま・じゃまだ」の歌手で結構実力派だと思うのですが、思いっきり子供っぽい声色で別人みたいに歌っています。

この曲の元ネタはなんだっけとググってみたら、作詞の沙羅さんのブログがひっかかりました。「ストレートで気恥ずかしかった」ので沙羅というペンネームを使ったとのことです。きっと色々リクエストがあったんでしょうね。

こういうタイプの詞は案外男性のほうがいいのかも知れません。でも、一番挑発的と思われる「殿方ごめん遊ばせ」の作詞は女性みたいですけど。阿木燿子は大物なので、もはや性別とか関係ないのかも知れません。

ところで、この曲が使われているシーンを発見しました!『めぞん一刻』で管理人さんがTVをつけていると、アイドルがこの曲を歌っているのですが、いきなりTVを消されてしまうシーンです。なるほど、こういう使い方なのかぁ。

モノトーンの夏

好き 嫌い

劇場版の「いつだって・マイ・ダーリン」の主題歌です。「完結編」といったほうが分かりやすいかも知れません。映画かと思ったらOVAだったんですね。

高橋留美子自身が原作を書いていて、コミック34巻の全11話が原作になっています。そんなわけで他の映画と違ってシナリオが引き締まってます。全編が「痴話げんか」なのです。それでこれだけ面白いとはさすが!

原作ではタイトルが「ボーイ・ミーツ・ガール」になっています。平井和正の「めぞん一刻考」で、「ア・ボーイ・ミーツ・ア・ガールの物語など、一千年の寿命を与えられたとしても読む気にはなれない...」と書いています。最終回でこれを持ってくるんですから面白いですね。

180度間違えた、のではなく、高い塔から落ちながら痴話げんかを続けています...
今回、ラムは8割方怒っている。怒り方も半端ない。
最後はハッピーエンド

そんな最終回にふさわしい名作の最後に流れてくる音楽なので、とても印象的なんです。音楽も良くできていて聴き応えがあります。

歌詞はちょっと子供っぽい感じでしょうか。

笑わないでね、胸のどこかが
リズムを乱しているだけ
冷め切った手すりに、顔をつけ、息を止めた。
立ち並ぶビルたち、寝てるように見えるよ、斜めに

笑わないで、と言われても面白い歌詞ですが、やっぱりターゲットの年齢層は低そうですね。曲のほうは、アレンジも含めてとても良くて、最終回にふさわしい、すがすがしい雰囲気です。

「うる星やつら」 ラムのベスト・セレクション2
「めぞん一刻」アニメ版
VOD:ビデオオンデマンド Amazonプライム(一話110円)

■更新日:2019/10/10

^